給料が出る自然栽培の研修なら徳島の若葉農園がおススメな4つの理由




徳島県の若葉農園の社長で自然栽培歴20年を越える横田光弘さん。
良いニンジンが採れて嬉しそうです

場所は

吉野川流域の肥沃な土地で、近所は民家や畑がある普通の田舎みたいな感じの場所です。

いくつかの自然栽培の研修施設に行ったことがある僕の中では若葉農園が1番良いと思っていて、なぜおススメなのかを書いていこうと思います。

自然栽培の研修だけどお金をもらえる!

まず何と言っても「研修なのにお金がもらえる」ところがおススメですね

農業で独立することを考えたらお金を溜めたいところ。

機械代とか資材とかでお金がかかるし、野菜を育てて収穫するまでは無収入…
野菜も売れるかどうかわからない。

お金は先立つものと言いますがあった方が安心できますよねー

試に自然栽培の研修を検索してみたのですが、出てきたところはお金はもらえないかお金を払って学ぶところが多いですね。

自然栽培では有名な「自然栽培 そら」さんは1、2年の研修は無料で出来るみたいです

公益財団法人 自然農法国際研究開発センター」というところでも研修制度があるみたいですがお金がかかります。

ちなみに今年度の募集は終了してしまったようです…。

 

では若葉農園はどうなのか?

他のところを調べてみるとお金がかかるみたいですね…研修費をとることによって成り立っている研修施設ももしかしたらあるかもしれません。そんな話を聞いたことがありますし。

若葉農園では最初の1ヶ月目は3万円(もらえます)ですが

それ以降は毎月10万程度もらえます
僕は忙しい時期だったのもあってか最初の1ヶ月目の3万を足して12万もらえました

しかも食費、住居費を差し引いてでですよ!

お金がなかったのでありがたかったですねー

なぜ自然栽培の研修でお金を払うことが出来るのか

まず、農の雇用事業という国の補助金をもらうことが出来るというのがあります。

この制度は農業をしている事業者が申請を国に出すので、雇い主や会社が国や自治体に認めてもらってないともらえません。若葉農園は申請を出し許可を得ているので農の雇用事業の補助金をもらうことが出来ます。

(引用:農林水産省HP http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/nouno_koyou.html)

この制度は2年しっかり学んで独立したいという人向けです。年間120万なので月10万もらえることになりますね。


えっ!2年いないとお金もらえないの?

と思った方もいるかもしれませんが、若葉農園は短期(半年程度)でも受け入れをしていて、しかもお金をもらえます。僕は忙しい時期だったのもあってか12万もらえました。

ではなぜ、お金がもらえるのか?

管理とデータ取りが徹底され収益がいいから給料を払える

毎朝出される出荷と収穫予定の表。出荷先にあるNHとは国内最大手クラスの自然食品を取り扱っている「ナチュラルハーモニー」です。ナチュラルハーモニーにも出荷しています。

この表で言えばこの日はネギ65キロ、大根72件分、小松菜94キロ、葉玉ねぎ44キロ、チンゲン菜81キロ、カブ47キロ、壬生菜29キロ、水菜24キロ収穫する必要があるみたいな感じ。

ミーティング部屋に貼ってある、野菜の栽培状況が一目でわかる表。これを見たりしながらその日の作業を決めたりします。

播種(種をまくこと)が何日で、何日にどんな作業をして…それが常に可視化できている!

写真にはないですが作業日誌もパソコンのエクセルで管理してデータを取っているのでデータを簡単に見ることが出来る。

また、十数年分の蓄積があるので何日に播種すればだいたい○日に収穫が出来るとデータが出る。そのデータを元に野菜がどれぐらい出荷できるかを見積もって営業をかけているので適正な量を出荷できて収益に出来ている。

普通、自然栽培では何日後に収穫ができるというのは自然の力にお任せな部分が多いから予定が立てにくい。

それをしっかりしたデータ取りで収益に結びつけているので研修生にしっかりと人件費が払える

この栽培管理術を習うことが出来ることが若葉農園をオススメする2つ目の理由

 

まだまだ規模を拡大していくから設備投資をして効率化している

実をいうと、若葉農園はまだまだ規模を拡大中。

今ある倉庫以外に大きい倉庫を建てようとしている。

それ以外にも野菜の掃除用に設備投資をしていて、

野菜洗い機。カブやダイコンを葉っぱ付きで洗える

ニンジン洗い機。一度に80キロのにんじんを素早く洗うことが出来る

ネギ、玉ねぎ掃除機。コンプレッサーで貯めた空気で掃除する。

枝豆用脱さや機。

などなど。農業機械がそろっている。ここまでの設備投資できるのはなかなかに凄いと思う。

 

若い研修生もたくさんいてさらにベテランもいる

おススメの理由3つ目は若い研修生が沢山いてベテランもいるところです。

研修生は大体20代半ば~30代前半ぐらいの方が多いです。
横田さん以外にも自然栽培歴10年を越えている方が社員として何人かいます。

同じ研修をしたいという志を持った人とも知り合えますし、
先輩のアドバイスも聞くことが出来ます。

こういった人とのつながりは研修している時も楽しくていいですが、何より独立した後に有り難いなと感じます

お前のところはどうしてる?みたいな相談もできますし、あいつも頑張ってるから頑張ろうみたいなモチベーションにもなったりします

なのでそういった人とのつながりが出来るのはありがたいですよね。

 

夫婦の受け入れもしている

農業の研修はむさくて男しかいないイメージですが(上の写真も横田さんの奥さんを除くとみんな男っていう…)女性の受け入れや、夫婦の受け入れもしています。

僕がこの前行った「自然農園 日本晴」の欠掛さん夫妻も夫婦で1年ぐらい若葉農園で研修をしています

なので夫婦で自然栽培を学びたい!という方にもおススメです。

経営者のビジョンが素晴らしい

おススメする4つ目の理由は経営ビジョンが素晴らしいことです。

経営者の横田さんは20年以上自然栽培を続けてきて最近ようやく軌道に乗ってきたと言います。

就農したころは右も左もわからないことも多くて失敗の連続だったそうです。
それでも自然栽培を続けてきたのには「自然栽培を慣行農法(普通に行われている農業)にしたい」という強いがあるからかもしれません。

研修制度があるのもこの「自然栽培を広めたい」という思いで、多くの自然栽培実践者を増やしたいからと言っています。

無肥料で自家採種による種取にこだわり、美味しい健康的な野菜を多くの方に届けたいという想いで野菜を育てきています。

また、攻める姿勢が素晴らしく、設備投資をしているところや規模の拡大を目指している。その為に「悪い点、直した方がいいと思ったところはじゃんじゃん言えよ」って言ってくれるし、言ってもそうかーと言って悪い空気にならない。

普通の会社だとそういう事って言いづらい空気とかあったりするから本当にいいと思う。

スポンサーリンク

 

勉強会を開いてくれる

日々学ぶことが多いのですが自然栽培を広めたいという思いがあるから忙しくても月に1回以上は研修生を集めて勉強会を開催してくれます。
仕事後の夕方だったのですが熱心に教えてくださいました。

僕がいた時はアブラナ科の種取で気を付けることの関しての勉強会でした。

勉強会を開いてくれて時間を取って教えて下さるのはありがたいですよね。

まとめ

若葉農園をおススメする4つの理由は

・給料がでる

・効率的な栽培を学べる

・ベテランから若手までたくさんの研修生がいる

・経営者のビジョンが素晴らしい

の4点です。

もし自然栽培の研修を少しでもしてみたい、興味がある方は若葉農園(http://www.wakaba.jpn.com/)に問い合わせをしてみて下さい。おススメですよー

The following two tabs change content below.
遠藤 拓也(えんたく)

遠藤 拓也(えんたく)

89年生まれ。父親や親戚が病気で亡くなって健康に気を付けたり、30kgのダイエットをする中で食の大切さを実感。 食への興味から農業を志して、大学生の時に農業を始め、ご縁で肥料の会社に就職するも自然栽培がしたいと、半年で辞める。 自然栽培やオーガニックな農園を、転々としながら3年研修したのち、自然に寄り添う農業と、自分らしい生き方を模索中。 1ヶ月以上続けて住んだり、農業をした場所は10県14ヶ所




共有するならこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤 拓也(えんたく)

89年生まれ。父親や親戚が病気で亡くなって健康に気を付けたり、30kgのダイエットをする中で食の大切さを実感。 食への興味から農業を志して、大学生の時に農業を始め、ご縁で肥料の会社に就職するも自然栽培がしたいと、半年で辞める。 自然栽培やオーガニックな農園を、転々としながら3年研修したのち、自然に寄り添う農業と、自分らしい生き方を模索中。 1ヶ月以上続けて住んだり、農業をした場所は10県14ヶ所